VOLUME 0 穏やかな暮らし

人間機械 VOLUME 0

穏やかな暮らし


2017年5月5日~7日

レンタルスペース+カフェ兎亭


ストーリー

家出同然で二人暮らしを始めたアサコとクマコ。

最近ではルームメイトに新しく黒猫も加わった。

だけどコイツが来てからは奇妙な出来事ばかり。

もしかしてこの猫、人の心が見えているの……?

人間機械がおくるキュートなサイコサスペンス。


パンフレットより

エドガー・アラン・ポーは酒がやめられずにアルコールまみれで死んでいった大バカ野郎だった。飲んじゃいけないとわかっていながら最期までやめられなかったのである。
わかってはいるけどやめられない。
それは酒に限った話じゃない。
彼の詩、小説、ひいてはその生涯に漂う「どうしようもなさ」は、今もなお人間が抱え続けているもののように思えてならない。
その「どうしようもなさ」を、言葉を超えて、俳優の肉体で表現する。それが今回の演劇の主旨ということになる。(あるいは生涯、描きつづけることなのかもしれない。)
本日はご来場ありがとうございます。どうぞ最期までごゆっくり、お澄ましください。

主宰 針谷顕太郎


キャスト

三葉彩夏

淵脇麻理子


スタッフ

原案 エドガー・アラン・ポー「黒猫」

脚本・演出 針谷顕太郎

振付・演出助手 池上明杜

照明 高橋智子

音響 三輪朋躍

美術 イシグロノリコ

音響オペレーター かねこしょういち

アートワーク のえる

デザイン AO